「クレジットカードが不正に使われている!」

もしそうなったときには、なるべく早めに対応をしないと大量の請求を受けることになります。

日々セキュリティ対策も向上していますが、ハッキングをする側の技術も日々向上しています。

そのため、どれだけ対策をしていてもクレジットカードの情報が抜き取られてしまう可能性は0にはなりません

普段使ってないカードでも不正利用に使われてしまうことすらあります。

ですが、クレジットカードの不正利用が発覚しても、慌てる必要はありません。

発覚した段階で早めに対応すれば、その被害を0にすることが可能です。

今回は、クレジットカードの不正利用に気づいたときにするべき対策についてお伝えします。

きちんと理解して、もしものときに慌てずに対処できるようにしましょう。

 

盗難保証を受けるために準備するべきこと

クレジットカードの不正利用をされてもほとんどのクレジットカードには盗難保証がついています。

オンラインでの不正利用も例外ではなく、そういった場合でも100%金額が返ってきます。

ですが、明らかに個人の過失で不正利用があった場合には、その対象外となってしまいます。

具体的には、

  • 裏面にサインがない場合
  • 暗証番号が漏れてしまっている場合
  • 盗難保険の申請が利用された日から60日を過ぎてしまった場合
  • 家族、同居人による使用の場合

などです。

詳しくはこちらにまとめましたので、ぜひ読んでみて下さい。

ここで、注意しておくべきなのは、事前に準備しておいても不正利用発覚から60日がたってしまうと保証の対象外となってしまうこと。

そうなってしまわないために、発覚したときになるべく早く対応することが大切です。

 

不正利用に気づいたときにするべきこと

不正利用が発覚したときにするべきことにはどんなことがあるでしょうか。

具体的には、

  • カード会社に連絡
  • カードの変更

をする必要があります。

クレジットカードと情報の流出にもし気づいたら、カード会社に連絡して、「クレジットカードの不正利用があった」ということを伝えましょう。

特に不正利用から60日異常過ぎていると、盗難保証を受けられないこともありますので、できるだけ早く申請しましょう。

ただし、解約をしてしまうと、盗難保証が受け取れなくなりますので、あくまで利用の停止だけを申請して下さい。

もし不正利用や情報漏えいが疑われる場合には、カード番号を変えて再発行することも可能です。

クレジットカードの不正利用や情報漏えいによるものが原因の場合、再発行にかかる手数料がかからないこともあります。

ただし、クレジットカードが使えなくなる期間が発生してしまったり、定期的な引き落としがある場合には、カード情報を変更しなければならないなど、手間がかかってしまいます。

そういったデメリットもありますので、注意して下さい。

不正利用があったことにすぐに気付くためにするべきこと

また、クレジットカードの不正利用があった場合にすぐに気づける体制にしておくことも大切です。

そのためにするべきことには、

  • 毎月の利用明細をきちんと確認する
  • メールでカード会社からの発信に気をつける

があります。

クレジットカード会社やオンラインショップのセキュリティは日々進化しています。

そのため、不自然な購入などがあった場合に、不正利用の可能性があることをメールで警告してくれることもあります。

また毎月利用明細を簡単に確認しておくことも大切です。

たった1分でも、自分が使っていないものがないかだけでもチェックしておくと、不正利用に気が付きやすくなります。

特に、不正利用があった日から60日たってしまうと、盗難保証が受けられないこともあります。

そのため、不正利用があったときになるべく早く気づける状態にしておくことがとても大切になります。

 

「クレジットカードの不正利用は誰にでも起こる」認識を持っておきましょう!

この記事では、

  • 盗難保証を受けるために準備するべきこと
  • 不正利用に気づいたときにするべきこと
  • 不正利用があったことにすぐに気付くためにするべきこと

についてお伝えしました。

これらの対処法を理解しておけば、クレジットカードの不正利用が起きた場合の被害を最小限にすることができます。

まずは、クレジットカードの盗難保証が受けられる状態になっているか確認することからはじめてみて下さい。