「もしクレジットカードの情報が漏れたら、どうしたらよい?」

そう不安ではありませんか?

クレジットカードの情報がもし漏れてしまうと、不正な買い物に利用されてしまったり、して大金の請求がくることがあります。

ですが、不正利用をもしされていても、個人の過失でなければ100%返還されます

これらの対処は簡単にできることばかりなので、一度知ってさえおけばもしものことがあっても安全に対処することができます。

この記事で、クレジットカードが漏れたときにどうしたらよいのか、その手順を理解しましょう。

クレジットカード情報が漏れると何が起きる?

クレジットカードの情報が漏れてしまうと、不正な買い物に利用されてしまい、急に大金の請求がきてしまうことになります。

ですが、最近のクレジットカードは、ほとんどの場合盗難保険がついています。

そのため、個人の過失ではない場合には、100%戻ってきます。

また、日々クレジットカードのセキュリティ対策は向上しており、不自然な利用があった場合に、クレジットカード会社が気付くことも可能になってきました。

ですので、不自然な利用をカード会社が確認し、カード会社から連絡がくることもあります。

そういった場合でも保証を受けることができます。

ですが、個人の過失によるものの場合は、保証がないこともあります。次にその過失になってしまうケースを確認しましょう。

個人の過失になる場合とは?

基本的に、クレジットカードの情報が漏れてしまったときには、100%返ってくるのですが、個人の過失によるものの場合は、返ってこないことがあります。

具体的には、

  • 裏面にサインがない場合
  • 暗証番号が漏れてしまっている場合(簡単に推測されるものになっている場合)
  • 盗難保険の申請が利用された日から60日を過ぎてしまった場合
  • 家族、同居人による使用の場合

があります。

これらの場合には、保証されないこともあります。

ただ事前に理解しておけば、防ぐことが可能なことばかりですので、未然にしっかりと対処して起きましょう。

逆にこれらの場合を除けば、たとえオンライン上の不正利用であっても、100%の保証を受けることができます。

カードの保証を理解して、クレジットカードを安全に使おう!

この記事では、クレジットカードの盗難保証を受けるために必要なことをお伝えしました。

具体的には、

  • 裏面にサインがない場合
  • 暗証番号が漏れてしまっている場合
  • 盗難保険の申請が利用された日から60日を過ぎてしまった場合
  • 家族、同居人による使用の場合

がありました。

まずは、保証を受けれる状態になっているかどうか確認することからはじめてみて下さいね。