「ECサイトのセキュリティはどうやって守ったらいいの?」

とお悩みではありませんか?

ECサイトのセキュリティを万全にすることは、情報漏えいを防ぐためには欠かせません。

今やハッカーの攻撃はどんどん巧妙になっています。

少しでもセキュリティが甘いとそこを見つけてしまえば、ハッカーにとってセキュリティを破るのはそれほど難しいことではありません

ですが、セキュリティの原因は、セキュリティの専門家が取り組むべき問題の手前にあるものも少なくありません。

初心者でも今すぐできる対策をして、ハッカーからの攻撃に備えましょう。

 

ECサイトの情報漏えいが起きる原因とは?

ECサイトの情報漏えいが起きる原因には、大まかに、

  • 内部の管理体制に問題があるケース
  • ECサイトへの不正アクセス

の大まかに2つがあります。

 

内部の管理体制に問題があるケース

内部の管理体制が問題になって情報漏えいが起きる可能性というのが実は少なくありません。

具体的には、

 

  • PCやUSBを外部に持ち出し紛失
  • 個人の誤操作
  • 内部での不正や犯罪

などがあります。

実は2016年に起きていた情報漏えいの約80%が、これらの内部体制に問題があるケースでした。

そのため、セキュリティ対策をするときに、まず真っ先に取り掛かるべき対策であると言えます。

 

ECサイトへの不正アクセス

また、もう一つが外部からの不正アクセスです。

これらの不正アクセスを防ぐために、Webにそれほど詳しくない人でもできる対策があります。

具体的には、

  • PCのプラグラムをいつも最新のものにアップデートしておく
  • アプリケーションは信用できるものを使う

という対策があります。

セキュリティは、ハッカーの攻撃を受け、それをより強固にしてとセキュリティの対策を徐々に強化していっています。

ですが、それらをアップデートできていなければその脆弱性を狙ってハッカーがそのPCに侵入し、情報を抜き取ってしまうこともあります。

それらを防ぐためにも、これらの対策をしておくことによって、不正アクセスが起きる可能性はぐっと抑えることができます。

 

まずは、情報の管理体制から見直してみましょう。

この記事では、Webの専門家でなくてもすぐにできるセキュリティ対策についてお伝えしました。

具体的には、

  • 内部の管理体制に問題があるケース
  • ECサイトへの不正アクセス

がありました。

特に内部の管理体制の見直しは、セキュリティ対策をする上でまず最初に行うべき対策と言えます。

この機会に会社内部の情報の管理体制を見直してみてくださいね。