「集客にSNSを活用したい!」

「でも、SNSにどんな違いがあるのかわからない」

そうお悩みではありませんか?

飲食店が活用できるSNSにはたくさんの種類があります。

その特徴をうまく使い分けることで効率的な集客も可能になります。

ですが、それぞれのSNSの特徴が今ひとつわからない人も多いのではないでしょうか。

そこで、この記事では飲食店が利用できるSNSの特徴と使い分け方を簡単に紹介したいと思います。

SNSの使い分け方は一見すると難しく感じるかもしれませんが、その特徴は意外にシンプルです。

この記事で、その概要を掴んでいきましょう。

それぞれのSNSの特徴

飲食店が集客に利用できるSNSとしては、

  • facebook
  • twitter
  • LINE@
  • Instagram

があります。

facebookの特徴と使い方

facebookは他のSNSと比べると、多くの情報を載せやすいのが特徴のメディアです。

実名登録のため、いつも来てくれる常連の人や顔なじみの人たちのコミュニティが形成しやすいことが特徴です。

発信できる情報の幅も広く、

  • お店の最新情報
  • お店のこだわりの紹介
  • イベントごと

などを発信するのがおすすめです。

情報量が多い分、人柄やお店のことを細かく伝えやすいです。

 

twitterの特徴と使い方

ツイッターはリアルタイムの情報を発信することに向いたSNSです。

気軽に投稿しやすい分、こまめに投稿しないとタイムラインから流れてしまいやすいため、定期的な情報発信が必要です。

文字数に制限があるため、簡単な情報をこまめに発信することがおすすめです。

拡散力が高く、影響力がある人にリツイートされることで、一気に拡散されることもできます。

メニューや動画、お店の混み具合などをこまめに発信し続けることで、固定のリピーターやファンを増やすために活用するのがよいでしょう。

 

LINE@の特徴と使い方

LINE@は、お客様にクーポンなどのツールを活用しやすいSNSです。

登録していただいた個人のお客様に一括でメッセージを送信できます。

個人へメッセージを送れるため、気軽なやりとりができます。

ただしあまりに頻繁にメッセージを送ると、ブロックされてしまう可能性もあるため、送るタイミングや頻度なども配慮が必要になります。

 

Instagramの特徴と使い方

Instagramは、写真が中心になるSNSです。

そのため、写真がうまく取れる、いわゆるインスタ映えする写真を取ることができるメニューや内装があれば、効率的に集客できます。

情報をたくさん載せるには不向きのメディアですが、その分写真で、「美味しそう」「おしゃれ」と思わせることができるだけで、効率的な集客を行うことができます

 

SNSをうまく使い分けて効率的な集客に生かそう

今回は、それぞれのSNSの使い方や特徴をお伝えしました。

  • facebook:情報を大量に載せられる、コミュニティのような使い方も可能
  • twitter:気軽に呟け、リアルタイムの情報を発しやすい
  • LINE@:メッセージを個人に向けて送りやすい。クーポンをつけるのもおすすめ
  • Instagram:写真で第一印象重視。インスタ映えするメニューがあるとなおおすすめ

という特徴がありました。

まずは、これらの中から一つSNSを活用してみることからはじめてみてはいかがでしょうか。