「インスタは集客に使えるの?」

「他のSNSと比べてデメリットはないの?」

そうお考えではありませんか?

インスタは写真を投稿しやすく、飲食店の集客に活用しやすいです。

ただしインスタにもデメリットはあり、うまく活用できなければその効果は半減してしまいます。

とはいえ、デメリットにどんなものがあるのかわからない人もいますよね。

そこでこの記事では、インスタを集客で利用するデメリットとその対処法を紹介します。

インスタを集客に使うデメリットとは

インスタを集客に使うデメリットは具体的にどのようなものがあるのでしょうか。

具体的には以下のものがあります。

  1. 拡散する手段が少ない
  2. 投稿し続けないと、存在感がなくなってしまう
  3. 投稿にURLを貼れない

デメリット①:情報拡散する手段が少ない

インスタは情報拡散するための手法がそれほど多くありません

インスタで情報拡散する方法としては、ハッシュタグをつけて投稿する機能があります。

ですがツイッターやfacebookなどのような、投稿の共有ができません。

デメリット②:投稿し続けないと、存在感がなくなってしまう

インスタは、投稿をし続けないとどんどんタイムラインから流れてしまい、その投稿を見ることができなくなります

主な拡散の手段としてハッシュタグをつけて投稿することがありますが、これも時間が経過するとタイムラインの下の方へどんどん流れてしまいます。

そのため、少なくとも1週間に1回、できるなら毎日1回以上の投稿を心がけるようにして投稿がお客様の目にとまりやすいようにしましょう。

デメリット③:投稿にURLを貼れない

インスタグラムは自分の投稿にURLを貼ることができません

インスタでリンクを貼ることができるページはプロフィールページですが、そこまで見てもらわないと、他のリンクに誘導することはできません。

そのため他のリンクに誘導するまでのハードルが高く、見てもらい、来店するところまでのハードルがやや高いことがデメリットです。

インスタで集客する上でデメリットを緩和する方法とは?

インスタで集客を行うデメリットはありますが、そのデメリットを緩和する方法もあります。

具体的には、

  • ハッシュタグを有効活用する
  • 定期的に投稿する習慣をつける
  • お客様にハッシュタグをつけて投稿してもらう
  • 他のSNSと連携する

などがあります。

インスタグラムはデメリットこそありますが、飲食店など個人で事業をしている人にとって、活用法がたくさんあるSNSです。

うまく活用して、インスタグラムを効率的に活用しましょう。

インスタのデメリットを理解して効率的な集客に生かそう

今回はインスタを集客に使うデメリットを具体的に紹介しました。

具体的には、以下のものがありましたね。

  1. 拡散する手段が少ない
  2. 投稿し続けないと、存在感がなくなってしまう
  3. 投稿にURLを貼れない

デメリットこそあるものの、インスタは写真で視覚的に訴えかけることができる他にはない特徴を持ったSNSです。

デメリットこそあるものの、そのデメリット以上のメリットもインスタグラムにはあります。

この記事を使って、インスタの効率的な集客に生かしてみてくださいね。