「インターネットで自分の作った商品を売りたい!」

そう思ったことがありませんか?

メルカリなどインターネットで個人でも商売ができるようになったため、個人でも全国に様々な商品を出せるようになりました。

そのため、インターネットがあれば、個人でもすぐに商売をはじめることができます。

とはいえ、どうやってはじめるのかわからないことも多いですよね。

そこで、

インターネットで商品を売買する方法を、

  • ECショッピングモール
  • ECサイトを作る

という方法を今回は説明したいと思います。

思っているほど、難しくはありません。

ECとは、(Electronic Commerce)の略で、「電子商取引」を意味します。

ECサイトとは、要はインターネット上で取引を行うサイトのことなんです。

意味が分かると、ぐっとわかりやすくなってきませんか?

では、どのようなものかより具体的に見ていきましょう。

 

ECショッピングモールとは

ECショッピングモールとは、一つのホームページで複数の会社の取り扱うサイトのことです。

具体的には、

  • Amazon
  • 楽天
  • Yahoo!

などがあげられます。

規模が大きいため、集客に慣れない状態でも成果を出しやすいのが特徴です。

ただし、管理するECショッピングモールの影響を受けやすく、自分のやりやすいように、カスタマイズすることは難しいです。

 

自社でECサイトを作成する

ECサイトを自社で作る方法もあります。

この場合は、作り方もいくつかあり、

  • ECサイトに必要なプログラムを借りて運用するASP
  • インターネット上で公開されているプログラムを使い構築しやすいオープンソース
  • ある程度の大枠までは作られているパッケージ
  • oから全てをプログラムするフルスクラッチ

大まかにはこの4種類があります。

カスタマイズの自由度で分けられていると考えると、わかりやすいでしょう。

下に行くほど、カスタマイズ性が上がると同時に、手間がかかるため費用も高額になります

いずれにせよSEO対策などは、自分で行う必要があるため、会社のブランドが認知されていない場合、集客に苦労することもあります。

逆に言えば、ブランドが認知されていれば、集客に苦労せずに済むこともあり、すでにお客様に認知されている場合は、自社のECサイトを作るのがおすすめです。

 

ECサイトを活用して、自社の利益を最大化しよう

ECサイトもECショッピングモールもそれぞれにメリットとデメリットがあります。

自社の規模や要望に合わせて、ECサイトやショッピングモールを活用することで売上や業務の最適化をはかることができます。

この記事で、ECサイトの大まかな違いについてはお分かりいただけたかと思います。

まずは、自社の規模に合わせて、どの方法が一番ベストかぜひ検討してみてください。