「チラシを配ったけれど、効果をどうやって測定したらよいかわからない」

「チラシの効果を見るためのデータはどうやって集めたらよい?」

そうお悩みではありませんか?

チラシはその効果を測定することができれば、よりチラシの集客効率を高めていくことができます。

ですが、その測定のために必要な情報をどうやって集めたらよいのかわかりにくいですよね。

そこで今回は、チラシの効果測定に必要な情報を集める方法を紹介したいと思います。

チラシの効果を分析するための情報を集め方は、事前にしっかり準備しておけば、それほど難しくありません。

この記事で、チラシの反響率を見るための方法を一緒に見ていきましょう。

 

チラシの反響率を見るための5つの方法

チラシの反響率を調べるための方法には、

  1. 口頭で確認する
  2. アンケートを活用する
  3. QRコードを設定する
  4. クーポンや引換券を使う。
  5. 独自のゴールを設定する

以上の5つの方法があります。

 

口頭で確認する

チラシの効果を測定するには、口頭で確認するという方法があります。

お客様から具体的にお話を聞き出しやすく、有益な情報を聞けることもあります。

ただし集計を取りにくく、漏れが発生することもあります。

ですので集計するのであれば、そのほかの方法も混ぜながら行いましょう。

 

アンケートを活用する

お客様にアンケートの記入を行うこともおすすめです。

漏れなく実施しやすいことが特徴で、お客様の情報を体系的に手に入れることができます。

 

QRコードを設定する

QRコードを使って集計することも、チラシの効果測定をするための方法の一つです。

チラシ専用のURLを作ることで、チラシを使ってアクセスした記録が残すことができます。

それだけではなく、チラシには載せきれない情報を伝えることができることもメリットです。

 

クーポンや引換券を使う

クーポンや引換券は、チラシの効果を見るのにわかりやすい指標の一つです。

エリアごとにクーポンのデザインを変えておけば、エリアごとの成果の集計も簡単になります

配布コードなどをつけておけば、より細かい成果の分析も行うことができます。

 

独自のゴールを設定する

チラシの効果を測定するには、これまで書いたものとは別のゴールを設定することも有効です。

配ったチラシに対して、

  • どれだけの売り上げがあったか
  • 反響率がどれだけだったか

はもちろん大切なことです。

ですがチラシの反響率を見る上でも、様々な数字があります。

  • 配布エリアごとの反響率
  • 新規で来ていただいた、お客様の層

など、色々な指標があります。

そのため、どう効果を測定したらよいか逆にわからなくなることもあるかもしれません。

そんな場合は、そのチラシを配る中で一番その効果を重視したいこと一つ決めておきましょう

例えば、「A地区からきた新規のお客様を5名獲得する」などでもよいでしょう。

たくさんの効果を見るのが苦手な人の場合、特に重視する項目を一つだけ決めておくと、分析がしやすくなります。

 

チラシの効果分析をして効果的な集客に繋げよう

ここでは、チラシの効果分析のために必要な情報の集め方を具体的にお伝えしました。

具体的には、

  1. 口頭で確認する
  2. アンケートを活用する
  3. QRコードを設定する
  4. クーポンや引換券を使う
  5. 独自のゴールを設定する

がありましたね。

チラシの効果を測定するというと、手間がかかるイメージを持つ人も中にはいるかもしれません。

ですが、事前に準備しておけば、その手間はそれほど大きいものではありません。

この機会に、チラシの効果分析をぜひはじめてみてください。