「飲食店で新聞折込をするのにデメリットはある?」

そう思っていませんか?

新聞折込は幅広い層にアプローチができる広告方法です。

ですが、新聞を読んでいない人にはアプローチできないなどのデメリットもあります。

ですが、どんなデメリットがあるのかいまいちピンとこない人もいるのではないでしょうか。

そこでこの記事では、新聞折込のデメリットについて具体的に見ていきたいと思います。

新聞折込のデメリットを知ることで、より効果的な広告を打つことができます。

では早速見ていきましょう。

新聞折込のメリット

  • 地域性が高い
  • 信頼性が高い
  • 主婦や高齢者層をターゲットにしやすい
  • 予算に応じて配布エリアや部数を調整できる
  • 保存してもらいやすい
  • 配布日を指定できる即効性が高い

などがあります。

特に地域性が高く、主婦や高齢者層にアプローチしやすいというメリットが特徴です。

そのため、効果的な集客をしやすい広告であることは間違いないと言えるでしょう。

新聞折込のメリットをより詳しく知りたい人はこちら

 

新聞折込のデメリット

新聞折込は地域性が高いというメリットがありますが、デメリットももちろんあります。

具体的には、

  • ターゲットを細かく絞り込むことはできない
  • 他の広告に紛れ込むことがある
  • 効果は一時的

などです。

 

ターゲットを細かく絞り込むことはできない

新聞折込はある程度エリアを絞り込むことはできますが、ターゲットを絞り込んで配布することは難しい媒介です。

また新聞を読んでいない層にはアプローチできません

新聞を読まない層をターゲットにして広告をしたい場合は、違うアプローチを行う必要があります。

 

他の広告に紛れ込むことがある

新聞折込は折込されるチラシの量が多く、他のチラシに紛れ込んでしまうこともある広告媒介です。

特に土日や金曜日はイベントなどの告知が集中しやすいため、競争が激しくなりやすいというデメリットがあります。

 

効果は一時的

新聞折込は配布日やエリアを指定でき、即効性が高い媒介です。

逆に長期的な効果は見込みにくいというデメリットがあります。

ですので認知度を高めるためにチラシを打つのであれば、ある程度定期的に新聞折込を行う必要があります。

 

新聞折込のデメリットを理解して、より効果的な広報をしよう!

ここでは、新聞折込のデメリットを紹介していきました。

具体的には、

  • ターゲットを細かく絞り込むことはできない
  • 他の広告に紛れ込むことがある
  • 効果は一時的

がありましたね。

新聞折込は、地域の人にアプローチしやすい広告方法ですが、限界もあります。

逆に、

  • イベントの集客をピンポイントでしたい場合
  • 主婦や高齢者層を相手にしたい場合

にはおすすめの広告媒介です。

これで新聞折込のデメリットについて、大まかにお分かりいただけたのではないでしょうか。

デメリットを正しく理解して、より適切に新聞折込を使いこなしてみてくださいね。