「集客のためにチラシを配ったけれど効果が出ない」

そうお悩みではありませんか?

チラシは集客のために効果的なツールです。

その内容をこだわることで、実際効果が180度変わってしまうこともあります。

とはいえチラシの何を改善したらよいかわからない、という人も少なくないのではないでしょうか。

そこで今回は、チラシの反響率を上げるために見直してみるべきポイントについて、お伝えしたいと思います。

改善するためのポイントは、実はすぐにできることばかりです。

では早速見ていきましょう。

チラシの反響率を上げるために改善するべき5つのポイントとは?

チラシの反響率を上げるために見直すべきポイントは、

  1. ターゲットは明確になっているか?
  2. キャッチコピーはしっかりとしているか
  3. 情報が過剰になっていないか?
  4. 配布時期に気をつけているか?
  5. 配布方法は適切か?

があります。

 

ターゲットは明確になっているか?

チラシの集客に限った話ではありませんが、ターゲットが明確になっているかどうかはとても重要です。

例えば、カフェ一つ見ても、

  • 主婦や高齢者の方が集まって雑談しやすい居心地のよいカフェ
  • 電源とWi-Fiを完備し、サラリーマンが仕事をしやすいカフェ
  • こだわりの豆を使ったコーヒーを入れてくれるカフェ

など、それぞれの場合でアプローチするべきターゲットも異なります。

それぞれのお店が、

  • どんなお客様に来ていただきたいのか
  • そのためにどんなセールスポイントがあるのか

しっかりお店側が理解しておきましょう。

 

キャッチコピーはしっかりとしているか

飲食店のチラシだけではなく、キャッチコピーを考えることは反響率を高めるためにとても大切です。

チラシはぱっと見の印象で読まれるか読まれないか決まる、と言っても過言ではありません。

ターゲットを明確にしたら、次はそのターゲットにピンポイントで刺さるキャッチコピーを考えましょう。

 

情報が過剰になっていないか?

チラシを作るときには情報が過剰になっていないかも、注意するべき項目です。

チラシはそのスペースの都合もあり、載せられる情報が限られています。

自分でチラシを作ろうとすると、情報を過剰に載せてしまいがちです。

ですが情報を盛り込みすぎると、何が伝えたいのか分かりにくくなります。

では、情報の選別をするポイントはなんでしょうか。

それもターゲットを基準にして考えます

つまり「お店のターゲットになる人にその情報が必要かどうか」です。

お店のおしゃれな空間を演出したいなら、そのカフェ全体の写真を大きく使うのも選択肢かもしれません。

逆に居酒屋などであれば、そのターゲットによって重視するべき点が全く変わってきます。

それぞれのターゲットに合わせた情報になっているか見直してみるのがおすすめです。

 

配布時期に気をつけているか?

チラシで成果を出すためには、配布時期も大切なポイントです。

クリスマスや年末、忘年会のシーズンなど、その時期の要望に合わせたチラシはその人に届きやすいです。

折込やポスティングの場合、配布する曜日にも注意が必要なポイントです。

新聞折込であれば、金曜日、土曜日がお客様の手元に届く確率が高くなります。

お休みの日に予定を立てようとする人が多くなるからです。(ただし、他の配布物も多くなるため競争も激しくなります)

ポスティングであれば、仕事を終わって帰ってくる夕方のタイミングより前に配布すれば読まれる確率が高くなります。

というように、それぞれの広告媒体で最適な広告のタイミングも異なります。

 

配布方法は適切か?

チラシの配布方法が適切かどうかを考えることも大切です。

チラシや紙面を使った広告の方法には

  • 新聞折込チラシ
  • ポスティング
  • DM(ダイレクトメール)
  • フリーペーパー

がありますがそれぞれに特徴があり、アプローチできるターゲットも変わります。

ですので自分の使っている方法が、そのお店のターゲットに適切に届いているか検討してみてもよいのではないでしょうか。

詳しい特徴はこちらを参照にしてみてください。

 

チラシの特徴を理解して適切なターゲットに情報を届けよう

ここでは、チラシで成果を出すために見直してみるべきポイントについて紹介しました。

具体的には、

  • ターゲットは明確になっているか?
  • キャッチコピーはしっかりとしているか
  • 情報が過剰になっていないか?
  • 配布時期に気をつけているか?
  • 配布方法は適切か?

がありましたね。

これで飲食店がチラシを配布するときに見直すべきポイントについて、大まかにお分かりいただけたのではないでしょうか。

とはいえ、アプローチの正解はトライアンドエラーを繰り返していくことで、より効果的なアプローチができるようになります。

まずは、自分のお店のターゲットに合わせた広告になっているか見直してみることからはじめてみてください。