「下手な記事を書いたらSEO上マイナスになると心配……」

そうお悩みではないですか?

Googleでペナルティを受けると、検索流入が極端に下がり、webでの集客に大きな影響を与えます。

ですが、どんな場合にSEOのペナルティを受けるか知らない人も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、SEOでどのような場合にペナルティを受けるのか説明したいとおもいます。

ペナルティを避けるのはすごく簡単です。

では、ここでペナルティを受けない記事の書き方を覚えましょう。

 

ペナルティを受ける2つのケース

ペナルティを受けるのは、

  1. オリジナルの内容がないと見受けられる場合
  2. 過度にキーワードを盛り込みすぎる場合
  3. 不自然なリンクがある場合

の3つのケースがあります。

 

オリジナルの内容がないと見受けられる場合

googleにオリジナルの内容がないと判断されると、ペナルティの対象になります

具体的には、

  • 他のサイトと内容がほぼ重複している場合
  • 無断でコピペをしている場合
  • 商品説明や他のサイトのレビューをコピーしただけで独自の情報が全くない場合

があります。

 

過度にキーワードを盛り込みすぎる場合

過度に検索キーワードを盛り込みすぎると、ペナルティの対象になることがあります。

過度にというと、どの程度かわかりにくいかもしれませんが、

  • 一つの文章に毎回キーワードが盛り込まれている
  • 文章の流れに全く関係ないタイミングで、キーワードが登場している。

などだと多すぎる可能性があります。

ですが、あまり気にしすぎると、かえって読みにくくなります。

必要な所にはしっかりキーワードをいれて読みやすい文章にすることが大切です。

 

不自然なリンクがある場合

Googleでは、良質なリンクが貼ってあるサイトはSEO上プラスの効果をもたらします。

ですが質の悪い、不自然なリンクが大量に貼ってあると、ペナルティの対象になることがあります。

例えば、

  • リンクしか貼っていない質の低いサイトからのリンクががある
  • 相互リンクを互いに大量に張り合っている
  • アンカーテキストなどにリンクが作為的に盛り込まれている場合

があります。

ただし、必要な所にリンクを貼るのは問題ありません。

適度な範囲でやることで、そのサイトから離脱を防ぐことができます。

またごくまれに、それでもペナルティを受ける可能性もありますが、適切にリンクを張っているということを伝えれば解除してもらえることもあります。

例えば、自分のサイトの他の記事へのリンクを貼るなども問題ありません。

 

適切に記事を書いていればペナルティは回避できる

この記事では、

  • オリジナルの内容がないと見受けられる場合
  • 過度にキーワードを盛り込みすぎる場合
  • 不自然なリンクがある場合

についてお伝えしました。

ペナルティを避けるために意識するべきことがこれでお分かりいただけたのではないでしょうか。

記事を書くときには、まずキーワードを盛り込みすぎていないか意識することから初めてみて下さいね。