「新聞折込にはどんなメリットがある?」

そうお考えではありませんか?

新聞折込は指定した日にちに配布でき、特定の地域を指定して広い範囲に広告を打つことができる広告の方法です。

インターネットが主流になってきてはいますが、インターネットにはない地域性があり、まだまだ有効な広告方法の一つです。

とはいえ、どんなメリットがあるのかわからないという人も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、新聞折込のメリットとデメリットについて具体的にお伝えしたいと思います。

それぞれの特徴を掴むことはそれほど難しくありません。

この記事で新聞折込のメリットを一緒に見ていきましょう。

新聞折込のメリット

新聞折込のメリットとしては、

  • 地域性が高い
  • 信頼性が高い
  • 主婦や高齢者層をターゲットにしやすい
  • 予算に応じて配布エリアや部数を調整できる
  • 保存してもらいやすい
  • 配布日を指定できる即効性が高い

があります。

 

地域性が高い

新聞折込のメリットは、地域を絞って広告を出せることです。

特に地域に1店舗しかないお店の場合、近場に住んでいる人でないと来店してもらいにくいです。

新聞折込は他の広告方法と比べて安価で配布でき、購読者も多いです。

そのため、幅広いお客様に広告を届けることがしやすいです。

 

信頼性が高い

新聞広告は信頼性が高いことが特徴です。

インターネットの情報は誰でも見ることができますが、誰でも情報発信できるため、情報の信憑性が低く目にとまりにくいというデメリットがあります。

これに対して、新聞折込は広告としての基準や禁止事項があり、ある程度その身元が信頼できるものだと思ってもらいやすいです。

その結果内容をしっかりと読み込んでくれる人も多いため、新聞を購読している人にはしっかりと情報を届けやすくなります。

 

主婦や高齢者層をターゲットにしやすい

新聞折込は特に主婦や高齢者に対してアプローチしやすい媒介です。

特にそういった層をターゲットにしている飲食店にとっては、高い効果が見込める広告方法だと言えます。

新聞を購読している層は、そうでない層と比べて平均世帯年収が高い傾向にあり、より効果の高い層にアプローチしやすいとも言えるでしょう。

 

新聞は、予算に応じて配布エリアや部数を調整できる

新聞は、配布エリアや予算を調整しやすいことが特徴です。

折込エリアによって、その反響率が大きく変わることもありますので、配布エリアは慎重に決める必要があります。

配布エリアをどの程度決められるかは、その広告媒介によって異なりますので、どの程度融通がきくのか確認するようにしましょう。

 

保存してもらいやすい

新聞は保存してもらいやすいというメリットがあります。

駅前でのチラシ配布と異なり、家に届くため捨てられにくいという特徴があります。

手元に置いておくことができますし、持ち運びもしやすいこともメリットです。

 

配布日を指定でき、即効性が高い

折込チラシは配布日を指定でき、短期間に一気に配布することができます。

特にイベントの2〜3日前に配布することでその効果をより高めることができます。

ただしこの場合即効性はあるのですが、時期を過ぎてしまうとほぼ意味がなくなってしまうため、長期的な効果は見込みにくいです。

 

折込チラシの特徴を生かして、効果的な集客をしよう

ここでは、新聞折込にはどんなメリットがあるのか紹介してきました。

具体的には、

  • 地域性が高い
  • 信頼性が高い
  • 主婦や高齢者層をターゲットにしやすい
  • 予算に応じて配布エリアや部数を調整できる
  • 保存してもらいやすい
  • 配布日を指定できる即効性が高い

がありましたね。

新聞折込は、

  • イベントを開くときに効果的に周知させたい!
  • 主婦やファミリー層、高齢者にアプローチしたい!

という飲食の経営者にとって、メリットが大きい広告媒介です。

この機会にぜひ新聞折込を検討してみてはどうでしょうか。