「インスタで集客したいけれど、どう活用したらよいかわからない!」

そうお悩みではありませんか?

インスタは20代30代の女性に多く使われているSNSで、写真を中心に投稿できるため、飲食店の集客と相性がよいSNSです。

ですがそれでどう集客するのかとなるとわからない人もいるのではないでしょうか。

集客というと難しく聞こえるかもしれませんが、実際にやって見るとそこまで難しいことはありません。

この記事では、飲食店がインスタをより活用するために必要なことをお伝えします。

この記事で、インスタをより効果的に活用する方法を見ていきましょう。

インスタで集客するための活用法6つ

インスタを活用する具体的な方法には、以下のものがあります。

  1. 「インスタ映え」するメニューを作ろう
  2. プロフィール画面をしっかりと入力しよう
  3. FACEBOOKなど他のSNSと連携しよう
  4. お店でもお客様に認知してもらおう
  5. ハッシュタグを活用しよう
  6. 定期的に投稿しよう

活用法①:「インスタ映え」するメニューを作ろう

インスタでフォローやいいねを集めるために「インスタ映え」するメニューがあることは、とても大切です。

インスタ映えする写真があるだけで、フォローしてもらいやすくなりますし、いいねもつきやすくなります。

特にインスタを主に使う層である20代30代の女性には高い集客効果が期待できます

そのため、写真はできるだけ見栄えよいものを投稿するように心がけましょう。

活用法②:プロフィール画面をしっかりと入力しよう

インスタで集客するためには、プロフィールをしっかりと入力することが大切です。

そのためにはインスタグラムのアカウントをビジネスアカウントにする必要があります。

通常のアカウントでも投稿は可能ですが、プロフィールに表示できる情報がホームページのURLだけになってしまいます。

ビジネスアカウントにすることで、URLだけではなくお店の住所も掲載することができるため、効率的な集客ができるようになります。

ただし、住所を掲載するにはFACEBOOKと連携させる必要があるので注意しましょう。

活用法③:FACEBOOKなど他のSNSと連携しよう

FACEBOOKなど他のSNSと連携することもおすすめです。

特にFACEBOOKはインスタと連携させることで、位置情報の掲載が可能になるため、ぜひ連携させておきましょう。

インスタは写真を乗せやすいSNSですが、記事のシェアやお客様とのコミュニケーションなどにはそれほど向いているとは言えません。

できるのであれば、他のSNSアカウントとうまく連動させると効率的な集客ができるようになります。

活用法④:お店でもお客様に認知してもらおう

インスタをしていることをお客様に認知してもらうこともとても大切です。

お客様からお店のことを投稿してもらうことで、他の人の目にも止まりやすくなります。

近年では食べログだけではなく、Instagramなどでお店の評判を調べる人も少なくありません。

個人のアカウントから投稿してもらうことで、他の人から信用してもらいやすくなります。

ぜひ活用しましょう。

活用法⑤:ハッシュタグを活用しよう

インスタを活用するのであればハッシュタグを有効活用しましょう。

ハッシュタグを活用することで、他の人から検索されやすくなります。

検索されやすいハッシュタグをつけることで、他の人に見てもらえる可能性はグッと高くなります。

活用法⑥:定期的に投稿しよう

インスタを活用するのであれば定期的な投稿はとても大切です。

定期的に投稿することで、タイムライン上に残りやすくなり、見てもらえる可能性が高くなります。

反対に投稿していないと、タイムライン上から流れてしまいほとんど見られる可能性がないアカウントになってしまいます。

そのためできるだけ定期的に投稿し、お客様の目にとまる状態にしておきましょう。

インスタの活用法をマスターして効率的な集客に繋げよう

今回はインスタを集客に利用するための方法を具体的に紹介してきました。

具体的には以下のものがありましたね。

  1. 「インスタ映え」するメニューを作ろう
  2. プロフィール画面をしっかりと入力しよう
  3. FACEBOOKなど他のSNSと連携しよう
  4. お店でもお客様に認知してもらう
  5. ハッシュタグを活用しよう
  6. 定期的に投稿しよう

これでインスタを活用するために、何をしたらよいかそのイメージが掴めたのではないでしょうか。

ぜひインスタを効果的に利用して、集客に繋げてみてくださいね。

飲食店の集客やデザインについてお困りであれば、ウミダスデザインにご相談ください。

お客様の強みに合わせより成果が出るよう、ご提案いたします。

ウミダスデザインへのお問い合わせはこちら