「反響率が0.3%の効果でチラシを配るメリットはあるの?」

そう考えていませんか?

チラシはその反響率が0.3%と言われており、そこからさらに顧客を獲得しようとなると、より少なくなります。

はじめてチラシを配る場合、赤字になってしまうこともあります。

ですが、それだけの理由でチラシを配るのを辞めるのはもったいないです

チラシの効果は、「反響率0.3%」とパッと見るととても少ないように感じるかもしれません。

それでも継続して配り続けることで、その効果をより活かせます。

その理由を理解するのは、実はそれほど難しくありません。

ここでは、その理由を具体的に見ていきましょう。

反響率0.3%のチラシに効果がある3つの理由

ではチラシの反響率が0.3%でも、配り続けることで、利益を出すことができるのはどうしてでしょうか。

それには、

  1. 潜在顧客を発掘できるから
  2. 認知度は積み重ねで伸びていくから
  3. リピート率を上げることができるから

という3つの理由があります。

 

潜在顧客を発掘できるから

チラシは、配ることで、

  • お店に興味があるけれど、実際の来店には至っていないお客様
  • そもそもそのお店の存在を知らないお客様

に働きかけることができます。

とはいえ、1回配っただけではなかなか足を運んでくれないことも少なくありません。

ですが、繰り返し配ることで、その効果は徐々に高まっていきます。

 

認知度は積み重ねで伸びていくから

チラシは配り続けることで、より認知度を高める効果があります。

というのは、その情報に接する機会が増えれば増えるほど、その人の記憶に残りやすくなるからです。

そうして情報に接する機会が増えるほど、その人の中で親しみを感じやすくなるという効果があります。

その結果、そのお店に足を運んで商品を購入してくれやすくなります。

これが単純接触効果です。

この効果は一度ではなく、配布を何度も繰り返すことでより効果が高まります。

 

リピート率を上げることができるから

チラシを配り続けると、リピート率を向上させてくれる効果が期待できます。

認知度が上がって好感度が上がると、「またそこに行こうかな」という気持ちになりますよね。

逆にその情報に触れていないとその記憶はどんどん薄まっていきます。

そのお店を繰り返し利用してくれるようになれば、チラシの反響率がo.3%でも利益を上げることができます。

 

チラシの効果は配り続けることで、積み重なっていく

今回はチラシを配り続けることで、どんな効果があるのか具体的にお伝えしました。

具体的には、

  1. 潜在顧客を発掘することができるから
  2. 認知度は積み重ねで伸びていくから
  3. リピート率を上げることができるから

がありましたね。

これでチラシを配り続けることが、どんなメリットがあるのかお分かりいただけたのではないでしょうか。

この機会に、チラシを作ることをぜひ検討してみてください。