「チラシの効果はどうやってはかればよい?」

そうお悩みではありませんか?

チラシは、配布方法やその内容で効果が大きく変わります。

その効果を正確に測ることができれば、チラシの効果を効率的に高められます。

ですがどうやって測ったらよいのか今ひとつ分かりにくいですよね。

そこで今回は、チラシの効果をより高めていくのためのポイントを具体的に紹介したいと思います。

チラシの効果測定に必要なポイントは意外にシンプルです。

では早速見ていきましょう。

 

チラシの効果を改善したいときに、注目するべき5つのポイント

チラシは、継続して配り続けることで、反響率や認知度が確実に向上していきます。

ですが効果が出ているのか分析をしているのとしていないのでは、長い目で見たときにその効果が大きく変わります。

チラシの効果を改善したいときにチェックするべきポイントには、

  1. デザイン
  2. 配布エリア
  3. 配布タイミング
  4. 配布する特典の内容
  5. 配布方法

があります。

 

デザイン

チラシの効果を分析する上で、欠かせないのがチラシのデザインです。

チラシのデザインがよくない場合、いくら配っても、効果が出ないものになってしまう恐れもあります。

とはいえチラシのデザインのよしあしは客観的に判断するのが難しいですよね。

そこでおすすめなのは、チラシのデザインをほんの少し変えてみて、反響率がどう変わるかを分析することがおすすめです。

キャッチコピーを少し変えるだけでも、反響率に大きく影響します。

またチラシを配るエリアによって、キャッチコピーを変えた方がよい場合もあるかもしれません。

デザインを変えてみながら、比較していくと、そのチラシのデザインのよしあしが少しずつ見えてくるようになりますよ。

 

配布エリア

チラシの効果をより高めたい場合、配布エリアを適切に設定できているかをチェックすることも重要なポイントです。

配布エリアには実際に足を運んでみて、

  • どんな人が住んでいるのか。
  • そのエリアとそのお店の位置関係はどうか
  • ターゲットになる層にアプローチできているかどうか。

などをチェックしてみて下さい。

これらは、実際に足を運んでみないと、なかなかわからないこともあります。

ですので、配布するエリアには一度足を運んで確認してみましょう

新しい発見があるかもしれません。

 

配布タイミング

配布するタイミングも大切です。

大まかに見るポイントは、

  • 配布した月
  • 配布した曜日

などは意識するべき項目です。

表計算ソフトなどを使って数字を残しておくと、次回以降の改善に生かしやすくなります。

 

配布する特典の内容

配布する特典の内容もチラシの効果を見る上で大切な項目です。

配布するチラシには、

  • 割引券
  • 賞品引換券

などの特典をつけて配布することもあります。

これらは、どんな人をターゲットにしているかで、喜ばれる内容は大きく異なります

 

配布方法

チラシの効果を改善したいときには、配布方法も見直してみてください。

配布方法には、

  • 新聞折込
  • ポスティング
  • DM

など様々な方法があります。

配布方法によって予算だけではなく、配布できるエリア、ターゲット層が変わります

効果がもし出ていないと感じるようであれば、配布している方法が適切かどうか確認してみることもおすすめです。

詳しい特徴は、こちらにもまとめてありますので、ぜひ読んでみて下さい。

 

チラシを改善して、効果を最大限に高めよう。

ここでは、チラシの効果を改善していくためにチェックするべき項目について具体的にお伝えしました。

具体的には、

  1. デザイン
  2. 配布エリア
  3. 配布タイミング
  4. 配布する特典の内容
  5. 配布方法

がありましたね。

これで、チラシの効果を最大限に発揮させるためにどんなものが必要かどうか、お分かりいただけたのではないでしょうか。

チラシはただ配るのではなく、その内容を見直していくことで、その効果が大きく変わる可能性を秘めています。

チラシを配っている方で効果が出ないとお悩みの方は、まずデザインが適切になっているかどうか見直すことからはじめてみて下さいね。