三重県のホームページ・広告の制作会社UMIDASです。

httpsにすることで個人事業主にとってSEO上のメリットがあるという話をさせていただきました。

では逆にhttpsにする上でどんなデメリットがあるのでしょうか。

 

httpsとは?

ホームページのアドレスはhttp://と最初に全てついています。

これはただの飾りではなくて「ホームページを表示しなさい」という指示を送っています。

そこにhttpsとsがつくことで「暗号化してホームページを表示しろ」という意味になります。

詳しくはこちらにもまとめていますので、ご確認ください。

httpとはなんなのか?事業主こそ理解するべきhttpとの違いとは?

 

httpsにする5つのメリット

 

安全に通信を行うことができる

例えば公共のfreewifiはセキュリティ上脆弱ですので、第三者に情報が盗まれ、改ざんされることがあります。

そういった場合でもhttpsになっていれば、セキュリティを強化することができますので、安全に通信を行うことができます。

 

サイトに安心感を持ってもらえる。

httpsにすることでサイトの「所有者の証明」ができるようになります。

またhttpsにしてセキュリティが確保されたサイトはウェブサイトの管理者の身元を証明してくれる「SSL証明書」が発行されます。

そのためウェブサイトが「なりすまし」じゃないことが証明され、ユーザーからの信頼を得ることができます。

 

SEO上優遇される。

Googleはhttpsに対応したサイトを今後SEOの評価として優遇していく方針を明らかにしています。

またGoogleだけではなく、Yahoo!などでも同様のことが言われています。

現時点でhttpsになっていなくてもあまり効果を実感していないという人も多いです。

ですが、これからどんどんSEO上の評価を強化していくとGoogleは発表しています。

そうなる前に早めにhttps化することがおすすめです。

 

ホームページの表示が早くなる。

暗号化してデータのやり取りをするからこれまでより重くなるのでは?

と考える人もいるかもしれませんが、あまり正しいとは言えません。

httpsにすることでウェブ通信を高速化する新しいプロトコル「HTTP/2」での通信が行えるようになります。

そうすることでWebページの表示速度を早くすることができます。

Webページはちょっと表示されるのが遅いというだけで読まずに離脱してしまう人も少なくありません。

高速化することで、そういったチャンスロスを減らすことができます。

 

アクセス解析の制度が向上する。

httpsのページからhttpのページにいくと参照元が表示されないということがあります。

それをhttps化することで、参照元を見ることができるようになります。

ですので、より正確なアクセス解析を行なっていくことが可能になります。

 

導入することでのデメリットとは?

導入することでSEO上優遇されますし、メリットが大きいのですが当然デメリットもあります。

 

費用がかかる。

管理人の身元を証明するSSL証明書を発行する場合は、ある程度の費用が発生します。

どのような証明書を発行するのかによっても変わるのですが、認証の強度を強くすればするほど、その費用はかかります。

高いものでは年間1万円以上かかるものもあります。

もちろん月間100円程度とそこまで費用がかからないものもありますので、ケースバイケースで選ぶようにしましょう。

 

手間がかかる

自分のホームページを、httpsに完全に移行させることで初めてSEO上のメリットが受けられます。

これはアドレスがhttpsになれば大丈夫ということではなく、実際は細かい作業が必要になります。

ブログの中で違うページへのリンクが貼ってある場合も注意が必要です。

それらも全て直していく必要があります。

ブログを更新していれば更新しているほど、この手間は膨大になります

過去についたソーシャルボタンのカウントがリセットされる。

httpのサイトをhttpsに移行すると、urlが別のものになるためソーシャルのカウントボタンが0になります。

後になればなるほど影響が大きいため、早めに移行をしておくことでそういったデメリットを軽減することができます。

大規模に更新している人の場合は1日では終わらないこともありますので、そういった場合は自分でやるのはあまりに時間をロスしてしまうためおすすめできません。

 

アフィリエイトなどを運用する場合にリンクが貼れなくなることも

個人事業主の人にはあまり影響がないことかもしれませんが、2017年現在https化するとアフィリエイトリングが貼れなくなることがあります。

運用元のサイトが対応していない場合、デメリットが大きいです。

アフィリエイトを運用している場合、アフィリエイト元がhttps化しているかどうかは確認するようにしましょう。

いずれ対応していくことも考えられますので、こまめにチェックしましょう。

 

httpsは個人事業主にとって早めの対応がおすすめ

httpsに移行することは費用が発生することもありますが、SEO上のメリットや高速化するなどのメリットがあります。

自分で事業をしている人にとってhttps化することは今後ますます重要性が高まっていくと考えて間違いありません。

 

httpsの移行が難しすぎる!というあなたに

httpsに移行することを検討している場合、後回しにするのはあまりおすすめできません。

ブログやページが増えれば増えるほど、https化にかかる手間は増大してしまうからです。

1日や2日で終わらないということもありますし、自分で移行するのが難しい場合もあります。

 

umidasではhttpsへの移行の問い合わせも承っておりますので、自分でhttps化するのが難しいと感じた方はぜひお問い合わせください。

問い合わせはこちらから