三重県のホームページ・広告の制作会社UMIDASです。

文章を書くのは苦手!

どうやったら説得力のある文章になるの?

長文になると、何を書いていいかわからない!

そうお悩みの個人事業主の人は多いのではないでしょうか。

そんな人に向けて今回は

記事のわかりやすい構成の仕方を紹介します。

記事の構成の仕方がわかるだけで

・「何を書けばいいかわからない!」が解決する。

・文章の流れがわかりやすくなる。

・記事を量産できるようになる。

といったメリットがあります。

そのために必要な事前準備と、簡単な構成の仕方について紹介していきましょう。

 

事前準備:伝えたいメッセージを決める

まずは事前準備です。ここで失敗するとあとでどんなに工夫をしても伝わりにくくなります。

自分が伝えたいことをはっきりさせましょう。

当たり前のことだとバカにしてはいけません。

記事で書くことに困るときは伝えたいことが曖昧になっている可能性が高いです。

参考記事:記事を書くために一番大切な心構えとは?

ここで想定読者を意識しておきましょう。

参考記事:想定読者の重要性とは?

僕の今回の記事ではこんな風に考えています。

誰に(Who):記事を書くのが苦手な人。でも情報発信のために書かなければいけない人(個人事業主など)

何を(what):簡単な構成の使い方を示す

どうして(why):わかりやすい記事の書き方を知って欲しいから

以上のことを最初に決めておくことで後の作業が効率的になります。

 

ステップ1:タイトル・書き出し

タイトルについてはここで触れると長くなってしまうので割愛します。

よろしければこちらをご覧ください。

参考記事:読まれるタイトルにする3つの基本

大事なポイントだけ抜き出しておきます。

・32文字でまとめる

・誰に、何を、どうやってが一目で伝わる(だから読者想定が大事!)

・記事のタイトルと中身が一致する

当たり前のようで、できていない人が多いポイントなんですよ。

 

ステップ2:メインの構成

①:結論から先に書く

読者は忙しいという前提を持っていてください。

ひと昔前のテレビのように「続きはCMのあとで!」

なんてやっているのはWebページではNGです。

何が言いたいかわからないと読者はすぐに離脱します。

ですので、メッセージから先に書くようにしましょう。

 

②:結論の理由を示す。

メッセージを最初に打ち出して、最初から読者はその内容を理解できません。

例えば先ほどのタイトルは32文字が大事というメッセージもそれだけだとなんで大事なのか理解できません。

32文字以降の文字数が検索で切れてしまうことを説明しないと納得ができませんよね。

メッセージの後には理由をつけておきましょう。

 

③:具体的な説明をする。

①と②は抽象的になりがちなので、ここで具体例を説明する必要があります。

抽象的なままですと、言葉に説得力がありません。

できるだけはっきりとした具体例を示せるといいでしょう。

この記事では、具体的に構成の仕方を説明できないと読者が実践できません。

また商品の販売のページでは実績など示せるものがあると説得力が上がります。

 

④:ポイントをもう一度強調する。

ポイントを一言で伝えましょう。

最初と最後に伝えたいことをサンドイッチみたいに挟み込むと情報が伝わりやすいです。

もしかすると読者から反論があることがあるかもしれません。

読者が持っている反論を説明して納得してもらえなければ、その記事の内容は読者に伝わりません。

その反論の流れも結論→理由の説明→具体例→ポイントの流れで説明するのがわかりやすいですよ。

内容が複雑になればなるほど、ステップ2を繰り返すことになります。

なれないうちは1つのメッセージで終えるのがおすすめです。

複雑になればなるほど読者の理解が困難になります。

また書くほうも構成するのが難しくなります。

 

ステップ3:まとめ・要約

最後にその記事で伝えたいことを簡潔にまとめましょう。

ここで大切なことをもう一度強調することで読者に伝えたいメッセージがより伝わりやすくなります。

 

構成がしっかりすると自分の頭が整理でき、読者にも伝わる記事が書ける。

今回の構成の中身をまとめると以下のような流れになります。

  • ・事前準備:メッセージを決める
  • ・タイトル・書き出し
  • ・メインメッセージ
  • ①結論・メッセージ
  • ②理由
  • ③具体例
  • ④ポイント
  • ・まとめ・要約

以上のような流れで構成するとすっきりとして読みやすい文章になります。

あくまで一つの例ですが、ウェブの文章は簡潔に情報が伝わることが大切です。

ぜひ一つ参考にしてみてください。

 

記事を書く時間が取れない人は記事代行もおすすめ

構成を理解すると、読者に伝わりやすい記事が書きやすくなります。

また書いている方も記事を書く負担が少なくなり、短い時間で書くことができるようになります。

ですが、記事の構成を考えるのやその書き方には訓練が必要なのも事実です。

そういった人にはブログの記事代行サービスがおすすめです。

・どういったメッセージを伝えたいのか

・お客様の強みは何か

実際にお会いしてから書いていくことで伝わりやすい記事を書くことができます。

その後、打ち合わせした情報を元に記事を月4記事〜更新させていただきます。

・文章を書くのが苦手

・事業で忙しく、記事を書いている時間がない。

そういった人におすすめのサービスです。

ぜひご利用くださいませ。

ブログ記事代行サービスの詳細はこちら